2014年01月25日

トラブル:マスターの表示順序が入れ替わる

マスターの作成の最後に紹介した、トラブル発生。

内容は、親マスターのレイヤーが、子マスターの上に現れるというもの。
マスターをページへ.png
※上記マスターの詳細は「まず、マスターを作成」を参考に

さて、
頼りはGoogle先生とヤフー教授のみ。

色々検索して行くと、実際に「オブジェクトがはみ出している」上でパターンによっては表示されないケース(バグ?)もあるらしい。。

しかしこれは基本的な使用方法しか行っていないはず。
必ず解決法があるはず。。と、色々と検索ワードを変えて検索を試みる。

検索していくにつれ、専門用語、専用名等がわかり、検索も上達していくのが面白い。
メモも兼ねて:検索ワードと過程

・インデザイン マスターの表示通りでない
 > マスターオブジェクトが反映されない
・インデザイン マスターの表示順が異なる
・インデザイン 孫マスター 子マスターが表示されない
 > マスター、重なり順、レイヤーについて
 > インデザインCS5でマスターページを作ってレイアウトグリッドでテキストの流し込みをしても
マスターページの設定に流れてくれません!!

・インデザイン 親マスターが子マスターの上に表示される
・インデザイン マスターのレイヤーの設定
・インデザイン 親マスターと子マスターの順序が入れ替わる
・インデザイン マスターの表示 ページに落とし込むと変わる
・インデザイン 親マスターと子マスターのレイヤーが入れ替わる
...

等々、検索ワードを見返すと試行錯誤の後がみられますw

結局、検索の途中からインデザイン自体をより探りだし、、
そう言えば最初の方の検索結果で「オーバーライト」について書かれていたな。。
...オーバーライトって「上書き」だと思ってたけど。。
...マスターをマスターで「上書き」ではなく、情報の「上書き」なのかもしれない。。

と思い、恐る恐る「すべてのページアイテムをオーバーライト」を実行したら...
すべてのページアイテムをオーバーライト.png


   直りました。


孫マスター拡大_問題解決.png


はぁ〜=3
よかった。

正常に表示されたので、、レイアウト作業に戻りますw


《追記》
その後も同様の現象がありましたが、同じ操作でなおりました。

posted by oh3uz at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブルと解決の記録 | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

文字サイズの単位の設定&変更

デフォルトがポイントではない為、
最初に新規で作成する段階で設定するのがベスト。
だけど、うっかりミスると後で困る。


事実、そうなり、、
なぜコピペしたテキストのサイズ(ポイント数)が変わったのか一瞬解らずパニックに。
(特殊ページのデザインを渡って、幾つかのデザイン候補を見せることになり、同ページを複製する為、新しいドキュメントを作成した次第。)
えええええ〜〜〜?! っと頭を抱え、少し冷静になると...はっ?!と気が付く。
あぁなんだ。フォントの単位が違うんじゃん。。驚かせないでよ〜〜〜〜〜ぉぉぉ涙。
打ち合せが近くてテンパってる時なんて、ほんと心臓に悪い。


あれ設定どこで出来たっけ...と探すが見付からない。
以前紹介していたサイトで確か変更方法が載っていたので、これはそれを見た方が早いなと。

ついでにこちらでも備忘録として掲載。

紹介されていたサイトはこちら。

ブログ「BL作家 晶山嵐の日記」の「【InDesign】小説本を作るための簡単な設定【初心者】」

うん。しっかり載ってる。
詳細はこちら↑をご覧頂く方が早いと思うので、こちらでは簡単に。
〈編集→環境設定→単位と増減値〉

で開いたダイアログの真ん中の「他の単位」の上2つを「ポイント」に設定。
これでOK!

他の詳細なドキュメント設定の方法は↑をご参照ください。



上記ページとCS6では環境設定の場所が違ったので、こちらにて修正&追記。

〈InDesign→環境設定→単位と増減値〉 が現時点での最新です。

単位と増減値の設定.png


...にしても。。
真っ先に環境設定の中を探したのに見つけられなかった自分...orz 
posted by oh3uz at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブルと解決の記録 | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

合成フォントの落とし穴

合成フォント設定した英文字は、
一部分をイタリックにする等ということができない。 orz


本の最後の用語集。
日本語を英語での説明だったので、もちろん漢字も出てくるので当たり前の「合成フォント」設定。

しかし、日本語の英文字表記は英文ではイタリックにするのが基本ルール。

そこで、変更しようとしたが...対応してませんでした。
(はたまた見つけられていないだけ?)

アナログに、同文を2重に貼付け、左右それぞれを残し、左の日本語の英文字表記部分だけを全選択でイタリックに。


...こういうこともある。
しょうがない。
posted by oh3uz at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブルと解決の記録 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。